« 祝 ダーク鬼太郎 TVドラマ化 | トップページ | 出版業界の危機と社会構造 »

ネーミングはむつかしい

いま運営中のマンガソーシャルメディア
新サイト名をユーザーに公募したところ、
1500以上の応募があった。

そのすべてに目を通したんだけど
ネーミングというのは難しくも面白い。

メディアコンセプトと異なる勝手なネーミングが
数多く寄せられて大爆笑。
別にふざけているわけではなく、ネーミングの理由を読むと大真面目だからなお楽しい。

しかし、実際にひとつ選ぶとなると非常に難しいなと。

オリジナリティか公共性か、メジャー感かエッジ感か、

検索対策も考えねばだし、 コンセプトに沿っていることも重要。

結局のところ、新サイトのネーミングは

その中間のところで決まった。

社会的インフラを目指す以上、けっきょくのところ名前の選択肢はあまり多くない。

11月末に発表されるこの当たらしい名前が

多くのマンガファンに浸透することを願う。

|

« 祝 ダーク鬼太郎 TVドラマ化 | トップページ | 出版業界の危機と社会構造 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/8954960

この記事へのトラックバック一覧です: ネーミングはむつかしい:

« 祝 ダーク鬼太郎 TVドラマ化 | トップページ | 出版業界の危機と社会構造 »