« ネットは誰の敵か | トップページ | OLおやじ »

新しい本のチャネル

大日本印刷が08年3月から DS向けに電子書籍を配信開始するそうな。

グーグルブックサーチやamazonのkindoleなどグローバル企業による電子書籍チャネルの動きが盛んになってきた中、国内の大企業もついにかじを切りはじめた感じ。

DSソフトはたしかに大きなチャネル。

エンタメコンテンツというものを任天堂などのメーカーサイドが理解しているという点で、個人的にはケータイよりもDSなどゲーム機のほうが可能性を感じる。

実は、S社にはすでにDSソフトで学習マンガや新書系の電子書籍をリリースできないか、と相談をしたことがあり、その難しさ・可能性についてよく研究しているなと思った。

ただのマンガのデジタルデータ提供ではなく+αの付加価値こそが、紙ではなくあえてデジタルで読むことの優位性。

2008年は本の新チャネル元年になりそう。

そしてそのチャネルは世界中にのびているような気がする。

年末年始にゆっくり考えたい。

|

« ネットは誰の敵か | トップページ | OLおやじ »

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/9178115

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい本のチャネル:

« ネットは誰の敵か | トップページ | OLおやじ »