« コミックガンボ廃刊 | トップページ | マンガナビ »

他人のことはともかくとして

今日、業界団体のセミナーでITジャーナリストの佐々木俊尚氏の講演をきいた。

ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか (文春新書)

著者:佐々木 俊尚

ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか (文春新書)

『次世代ウェブ-グーグルの次のモデル』『フラット革命』など新書分野でのサイバージャーナリズム論の第一人者のようなひと。

毎日新聞社会部~元アスキー記者というキャリアを持つ佐々木氏は、世界のIT市場やら「あちら側」の世界で起きていることを既存の国内マスコミ人にもわかりやすく解説できる翻訳者のような存在でもあるような。

しかし、講演会に来ていた大勢のマスコミ人?はいったい今日の話をどのくらい理解できていたんだろう?

佐々木氏いわく、「世界的なメディア間のプラットフォーム戦争はとっくに始まっているのに、各メディア業界の中で出版界の人が一番危機感が足りない」と

わざわざマスコミ人に警告しにきたようなものなのに、講演後の質問もほとんどなかった。

そもそも電子書籍やら出版の仕事をしていて佐々木氏あたりのブログやら本を多少読んでるひと自体が少ないというのはどういうことなんだろう?

「あと10年後の2017年にはあなたたちの職はもうないですよ」

という厳然たる未来予想図をこんなにわかりやすく話しているのに、それを理解できる知識も意欲もないひとがほとんどのような気がする。

聴講者の1人として業界の恥部を見られているようで恥ずかしかった。

とはいえ、講演後の懇親会で一読者としていろいろ佐々木氏に疑問をぶつけてみたところ、まことに明快な厳しいつっこみもいただく。

他人はともかくとして、個人的にもいろいろ知識不足・理論武装不足は否めません。

いつも似たような面子で代わり映えしない業界話やら倒産話をいつまでもしてる業界人の方々に心乱されず、マイペースで精進しなくてはなと。

そのまえに、年末年始でちょっと充電。

|

« コミックガンボ廃刊 | トップページ | マンガナビ »

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。

問題は、メディア間のプラットフォーム戦争じゃないんです。
深刻なのは、永遠のベータ版であることを既存マスコミ者たちが許容できるか。そして、完全パッケージでないまま流通させることを許せるか。他者の加工を許せるか。ということです。

佐々木氏は、コンテナーではなく、コンテンツの時代がやってきたと仰られているようですが、もはやコンテンツの時代ですらない。
佐々木氏は、コンテンツの時代であってならねばこまるステークホルダーを抱えている。そこにおいてウェブの時代に対応していないのです。

ありがとうございました。

投稿: スポンタ中村 | 2007年12月31日 (月) 19時02分

スポンタ中村さん

コメントありがとうございます。
サイバージャーナリズム論も拝読しました。

>深刻なのは、永遠のベータ版であることを既存マスコミ者たちが許容できるか。

にははげしく同意です。
ただ、この点は時代の変化に勝てるものではなく、
国内マスコミだけがこの大変化に抵抗できるものでもないと思っています。

別に皮肉ではなく、
私自身もともと出版業界内にいたので
古巣の出版界にははやくこの変化にきづいて
資源を有効に活用してほしいなと切に思うのです。

一番深刻なのは、抱え込まれている才能あるクリエイターが生殺しにされてモチベーションを失ってしまうことかと。

クリエイターを生かすことこそが出版を生業とする企業のミッションのひとつかと思うので。

投稿: hide | 2008年1月 3日 (木) 01時58分

リプライありがとうございます。

佐々木さんが一切のリプライをしないことと同様で、ここもそうなのかなぁ…。と、悲しくなっていたところでした。彼は自分はブロガーではないと宣言していらっしゃる。それでいて、C-netでコラムを展開している。いやはやなんとも…。な御仁です。

実は、クリエイティビティーというものも、非パッケージな時代に突入しているんだと、私は思っています。

1970年代に電子化メディアはPaper wareに対して、Vaper wareという概念を提出したそうです。つまり、紙のメディアから消えてなくなってしまうメディアへの変化です。

これって、パッケージ物からイベント物に作品の形式が変化したということにもなるのでしょうか。出版のイベント化なんて、どういうことなのか理解しづらいのかもしれませんが、いろいろな可能性があるのでしょうね。

共著本をお読みいただいたようでありがとうございます。あの本で私が述べれたことは1/10もありません。
よろしければ、ブログをお読み頂ければ幸です。もちろん、電子出版の機会もおあたえ頂ければ…。ありがとうございました。

投稿: スポンタ中村 | 2008年1月 3日 (木) 08時01分

高校サッカーに夢中でコメント遅くなりまして恐縮です。

今後、スポンタさんのブログのほうもチェックさせていただきますね。

投稿: hide | 2008年1月 4日 (金) 00時05分

三鷹高校大躍進ですね。
私も国立生まれ、世田谷区在住。応援しています。

ご返事など気にしないでください。それがウェブの流儀。
…では、では。

投稿: スポンタ中村 | 2008年1月 4日 (金) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/9378205

この記事へのトラックバック一覧です: 他人のことはともかくとして:

« コミックガンボ廃刊 | トップページ | マンガナビ »