« 出版社の倒産ラッシュ元年か | トップページ | がむばれ!ブレッド・ファーブ »

言語技術で差がつくワールドサッカー

日本サッカー協会の元技術委員長・田嶋幸三氏が書いた
『「言語技術」が日本のサッカーを変える 』が面白かった。


オシム語録と言われる
「考えながら走る」や「ポリヴァレント」とか
定義があいまいな言葉が1人歩きしてしまっているけれど、
著者の田嶋氏は、日本サッカーに足りないのは自己決定力であり、
その基盤となる論理力と言語力なのだと主張する。

オシム前監督もインタビューでよく言ってたみたいだけど
日本のサッカー選手(というか日本人?)は、
プレーの意図を考えないまま、監督に言われるままにただ動く点が
世界で戦う上で最大のネックになるのだそうな。

イライラする中盤での無駄なパス回しに代表される、
ゴールを奪えるクリエイティブサッカーから程遠い日本代表サッカー。

技術委員会の専門的な視点でみて日本代表に一番足りないものは、
サッカーマスコミに言われているようなスキルや身体能力・走力というよりむしろ個々人の言語技術なんだと。

これにはなんとなく納得。
世界の一流選手・監督と比較して、日本の監督・選手があからさまに言語技術に劣っているという指摘は、まるで力士を思わせるw試合後のインタビューでもよくわかる。

しかし、プロサッカーに限らず
なぜそれをするのか、なぜそのやり方なのかをすばやく論理的に他者に説明することは、一般のお仕事にも共通するような気がする。

変化していく局面に対して、その都度自分の頭で判断した考えを明確に他者に伝えるということが苦手な日本人。苦手どころかそれを避けている人も多い。
仕事をしていて、いつまでもわからないひとや同じことばっかりやってる鈍いひとにつきあって、同じ説明を繰り返すのはめんどくさいなと思うことしばし。

しかし、そんなことも長い目で見れば、言語技術のトレーニングにつながるのだろう。
他人の言語技術の低さに影響されるのは避けたいもの。
説得することから逃げてしまうと、日本代表のようなチキンでつまらないプレースタイルになってしまうのだなと自戒。。

しかし、この本ちょっとタイトルで損していうような気もする。
一部のサッカー選手・指導者だけに読まれるのはもったいない一冊。

|

« 出版社の倒産ラッシュ元年か | トップページ | がむばれ!ブレッド・ファーブ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。サッカーで一流になるのに、言語技術が必要だという視点は面白いですね。

私もこの本のレビューを書いています。よかったら読んでみてください。

投稿: 三毛ネコ | 2008年1月20日 (日) 13時39分

三毛ネコさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

マスコミによく書かれてるファジーな視点ではなく、論理的な視点で興味深い本でした。

サイトも拝読します。
よろしくお願いします。

投稿: hide | 2008年1月22日 (火) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/9908112

この記事へのトラックバック一覧です: 言語技術で差がつくワールドサッカー:

« 出版社の倒産ラッシュ元年か | トップページ | がむばれ!ブレッド・ファーブ »