« 電子の城は | トップページ | 3人のロナウド »

少子化

今日読んでた本に、厚生労働省の諮問機関が調査した将来人口のシュミレーション結果の数字がのっていた。
予想以上の人口減少ぶりにびっくり。

現在、政府が取り組んでいる少子化対策がさほど効果を上げない場合、
現在1億3,000万人以上いる日本の人口が50年後には8,000万人台に減少する見込みなのだそうな。
今より約4,000万人も減るということ。

そしてなんと、22世紀の人口は江戸時代並に戻って3000万人以下になってしまう可能性もあるんだと。
人口3000万人になったら経済もへったくれもないような。

ずいぶん前から少子化担当大臣なんていう新しいポストもつくって
少子化対策、少子化対策と政府が騒いでたのは知っていたけれど。。
具体的な数字のシュミレーションをみると問題をリアルに感じる。

2050年というと、第2次ベビーブームのピークで人数がやたら多い自分らの世代がじっちゃんばぁちゃんになってる(死んでるかも)ころ。
そのころに到来するのはおそろしいほどの高齢化社会。

じっちゃんばぁちゃん+独身無職のおじさん1人+こども1人の合計4人を、たった1人の現役労働者が支える構図になりかねん。
というか支えられるはずがないわけで、まさに若者殺しの時代ともいえる。

少子化は、ニートやフリーターといった教育・労働問題やらビジネス環境・育児環境が独身者の価値観・ライフスタイルに変化を与えていることに原因を求められることが多いような。
一時、少子化担当大臣が国営のお見合い斡旋事業なんちゅう突飛なアイデアの現実化を模索していたらしい。
情報化社会の昨今、若者に不足してるのは出会いじゃなくてお金なんじゃないかなと。
1人あたりの育児・教育費用は平均1300万円かかるというし。
そんなにかかったらDVDBOXとか洋服が買えないよ、というのがヤングの本音かと。

政府も野党もばらまき政策のばらまく方向を間違えてるような。
社会的要因を分析することも大事だけれど、
現実問題として ♪お金は大事だよ~ でしょう。 

公共事業にばらまいてるお金を、
できちゃった結婚のカップルにもれなく1300万円プレゼント!みたいなばらまきに変えれば問題の多くは解決するのではと。
1300万で生産者と消費者を増やすほうが、箱モノや銀行に使うよりまだまし。

年金問題が制度問題に巧妙にすりかえられてるけど、
たいして票にならない単純な事実は埋もれがち。
年金問題を意味もなく熱く訴えるひとには注意したいもの。

|

« 電子の城は | トップページ | 3人のロナウド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/20517526

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化:

» 来月やっと言葉の相談の予約がとれました。 [育児・子育てファイト!]
38 名無しの心子知らず sage 2007/11/29(木) 09:46:54 ID:3WwZc3Mn来月やっと言葉の相談の予約がとれました。 2歳3ヶ月。2語は全く出ず。単語数は多いけどしっかりした発音には なっていない。 (くま→んま、くるま→まま、など) 以前歩くのが遅く発達相談に行ったときも人見知りしまくり、フリーズ、 いつものように動いてくれなかった経験が。... [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 07時10分

« 電子の城は | トップページ | 3人のロナウド »