« 漫画大目録 発進! | トップページ | インディジョーンズジャパンプレミア »

哀愁のバラック そしてユーロへ

チェルシーが敗退した、CLの決勝戦の録画をあらためて観てみた。

PKを外してしまったキャプテンのテリーもかわいそうだったけど、
もっとかわいそうなのはバラック。
テリーの泣き顔が世界中の同情を誘う中、
怪我人が続いた今季終盤のチェルシーを支えた彼が
ピッチで1人うなだれる姿は哀愁が漂っていた。

これまでのバラックのキャリアは、なんとも形容しづらい。

ドイツ代表として02年W杯で準優勝、06W杯で3位
クラブレベルではレバークーゼン時代に2001-02のCL準優勝
と悲願の優勝まであと1歩のところで必ず敗退してきた。

シルバーコレクターやら小皇帝と称されるのも、
代表とクラブレベルで自チームをそれぞれ優勝に導いた
元祖皇帝ベッケンバウアーと比較されつづけてのこと。

ピッチの王様として君臨していたバイエルンからの移籍もただただ優勝するため。
移籍後の怪我で巻き起こったバラック不要論を跳ね返して迎えた今回の決勝戦。

また今回も準優勝に終わってしまってさぞや悔しいことだろう。
そんなバラックもキャリアの晩年にさしかかっている。
NFLで、凄いけど決して優勝できない選手と言われつづけたジョン・エルウェイと似てるような気がする。

もうすぐ始まる6月のEURO2008が優勝する最後のチャンスか。
バラックがエルウェイ同様、キャリアの最期に優勝し、
花道を飾れるかどうかが気になるところ。

|

« 漫画大目録 発進! | トップページ | インディジョーンズジャパンプレミア »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/21173198

この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁のバラック そしてユーロへ:

« 漫画大目録 発進! | トップページ | インディジョーンズジャパンプレミア »