« 電子書籍市場 プロマネ考 | トップページ | ポニョJAPAN »

プロ野球JAPANの敗北

昼間、TVで日韓野球対決を観戦。
案の定、また負けた。。

言い訳はあれこれあるだろうけど、はっきり言って真剣勝負慣れしていないような。

メジャーリーガーは参戦せずマイナーリーガーとアマチュア中心の五輪に、世界一高額なチーム年棒と強化予算が売りの「ドリーム」チームを送り込んでなぜ5敗もしてしまうのか。。

最大の国内競技人口が支える甲子園という名の競争激しいユース育成システムとプロリーグが存在し、実質的に日本の国技ともいえる野球競技の敗退。

ダルビッシュもしかり若年層のレベルはまちがいなく世界トップレベルのはずなのに、プロ野球というぬるま湯に浸っているとこうも弱くなってしまうのかと。

メジャーリーグに挑戦するプロ野球のトップクラスですら、プロ野球界の異端児かつ最高傑作といえるイチローを除くとメジャーの平均的選手に留まってしまっている現状。

メジャーのスカウト曰く、松坂クラスであれば日本のぬるま湯ではなく最初からメジャーで鍛えられていれば、メジャーのトップ投手になれた可能性はあったそうな。

今回、国際試合での判断ミスが続いた星野采配を批判する声は多い。

とはいえ、星野監督は海外で戦うということについてはただの素人。「絶対負けられない」と言いつつ、「国内の馴染みのチームとしか戦ったことがない」新人をスポンサーとメディア受け優先で代表監督に選んだ野球界が悪いような気がする。

そして、投高打低ということで、まるで打てなかった打撃陣への批判もまた多し。

しかし、リーグにたった6チームしかなく、毎年わずか5チームの似たような顔ぶれを相手に日々のルーチンワークをこなす環境の中、初顔の投手陣に対応する柔軟性を求める方が酷というもの。

世界のトッププロたちが競うメジャーという戦場経験も持たず、サッカーのように2部落ちの危機感もない国内リーグでは生まれない真剣勝負の緊張感で選手たちはがちがちになっていたような。

ほとんどが五輪初出場の選手たちに、世界での真剣勝負をしたことがないマスコミとプロ野球界が無謀にも金メダルをノルマ化したことが余計なプレッシャーも生んだような気もする。

格上の野球強豪国には全敗してしまったけれど、監督・コーチや選手たちはなれない環境の中、どでかいリスクを負った悲壮な覚悟で戦っていることはひしと伝わってきた。

日本の恥だ、という人も多いだろうけど、負けたのは日本のプロ野球という仕組みそのものであって個々の選手の力量ではなかったはず。

それぞれのリスクをしょって真剣勝負に挑んだ代表チームの人たちは胸を張って帰国してほしいなと。

女子ソフト金メダルの快挙を思うと、日本人が野球下手なわけではなく、プロ野球というぬるま湯な仕組みを許しているファンとマスコミが日本人を弱くしてしまうのかもしれない。

今思うと、WBCでの日本代表の優勝は、真剣勝負の世界を知るイチローなど日本人メジャーリーガーの存在が大きかったのだなあと。

しばらくは戦犯のように批判を浴びるに違いない星野監督と一部の選手が、今回の経験を糧に次代のプロ野球選手を変えていってくれるような気がしてならない。

|

« 電子書籍市場 プロマネ考 | トップページ | ポニョJAPAN »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/23178787

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球JAPANの敗北:

« 電子書籍市場 プロマネ考 | トップページ | ポニョJAPAN »