« ホリエモンの想定の範囲外 | トップページ | アニキ室伏最強説 »

ロストジェネレーションの声を聴け

非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク8

著者:石田 衣良

非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク8

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)シリーズ最新刊でシリーズ第8弾の本作。

「ロストジェネレーションの声を聴け『俺達は、透明人間じゃない。』

という腰巻フレーズとともに下記4つの短編を収録。

・パチスロで稼ぐ崖っぷちのシングルマザー「千川フォールアウトマザー」
・西口公園のゴミを拾い続けるエリート青年「池袋クリンナップス」
・脅迫魔に立ち向かう腕自慢の元警官「定年ブルドッグ」
・人材派遣会社の悪徳を暴く若者たち同盟「非正規レジスタンス」

秋葉原の事件や人材派遣・ネット難民問題に代表される格差社会の闇に光を当てたいつもどおりタイムリーな内容を満載。

おすすめは、冒頭の「千川フォールアウトマザー」。
シリーズでいぶし銀の存在だったマコトのおふくろさんが、まるで主役級の活躍をみせる。 おふくろさんの回想によりマコトが生まれたころのエピソードにも触れられ、貧困や格差のせいで歪んだ人格が生まれてしまうわけではないことが暗に語られていた。


石田衣良は、いまや文壇セレブの1人のような存在だと思うけど、綿密な取材による情報収集の成果だけでなく格差社会のもとで人知れずひたむきに生き続けるひとの目線で物語を紡ぐ。

勝ち負けや白か黒かで線引きするのではなく、池袋を舞台に現代的な人情風味をきかせながらふつうのひとがふつうに生きる様が詰まった四篇。

腰巻にある「あわてて成長する必要なんかない。そう思うと日々安らかな気分ですごせるだろ?」とは、著者から若き読者へのメッセージのような気がする1冊。

昭和の名作『蟹工船』を読むのもいいけれど、現代プロレタリア文学の名作『IWGP』も読んでほしいもの。


池袋ウエストゲートパーク 目録

|

« ホリエモンの想定の範囲外 | トップページ | アニキ室伏最強説 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/23031693

この記事へのトラックバック一覧です: ロストジェネレーションの声を聴け:

« ホリエモンの想定の範囲外 | トップページ | アニキ室伏最強説 »