« アニキ室伏最強説 | トップページ | パパ雑誌の今 »

グローバルワーク五輪

某外資系ネット企業に勤める友人とひさびさに飲む。

元陸上部の彼と100m金メダリストのボルトの驚異的な速さについて語りあう。世界にはまだ見ぬ怪物のようなアスリートがいるよねと。

そんな彼も怪物たちが競い合う五輪は他人事ではなく、仕事でも世界にはすごい技術者やクリエイターやらプランナーがごまんといて日々プレッシャーを感じているそうな。
国内ではトップランナーと自負していた彼も、世界に出るとまだまだ弱いなぁと思うことが多いらしい。
グローバル化やらフラット化の影響で、世界的な競争はスポーツや芸術の世界ではなくて、ふつうの仕事にも及んでるんだと力説してた。

今は生ぬるいJリーグで仕事をしてるからよくわからないけど、ネットメディアを見る限り、確かに世界の進化はおそろしく速い。

彼曰く、業種をオリンピックに例えると、
技術競技はインド、サービス戦略競技はアングロサクソン、資源競技はロシア、その他の競技は人件費が安い中国や東南アジアがメダル独占。
鎖国しつづける日本人は予選落ちらしい。。

これからの個人は、この分野で自分が世界でトップクラスと言える得意技を持たないと生き残ってはいけないよと。
夏なのにことさら暑苦しいまでに熱く語る松岡修造のような男。。

なるほどねぇ~とは思うけど、365日仕事脳の彼と違い、お盆休みぼけの脳天気な頭で仕事の話をあまりしたくない。
そして、今からボルトやフェルペスになれるわけじゃあるまいしね。

怠け者の自分としては、すでに競争の激しい100mやサッカーに今から参戦したくはないなと。
自分で種目をつくっちゃったほうが早いような気が。
カーリングとかセパタクローとか、修造がいなさそうな種目がいい。

|

« アニキ室伏最強説 | トップページ | パパ雑誌の今 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/23097129

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルワーク五輪:

« アニキ室伏最強説 | トップページ | パパ雑誌の今 »