« グローバルワーク五輪 | トップページ | 電子書籍市場 プロマネ考 »

パパ雑誌の今

帰り道の書店で、興味深い特集を発見。

【男として父として、どう生きていますか?世界の「パパ男」事情2008】

189118

ちょいモテオヤジ誌「レオン」編集部からスピンアウトした人たちが創刊した、パパ向け男性ファッション誌「OCEANS(オーシャンズ)」の今月号だった。


オーシャンズといえば「よき父親像」が創刊時のコンセプトだったような。
物より思い出といった家族の心の豊かさを提案した新雑誌ということで最初は話題になっていたかな。

特集にひかれてひさびさに読んでみたけれど。。
楽しげでおしゃれな世界中の外人親子の写真とブランド品の広告づくしの内容。
う~む。ちょっと見ただけで生理的に受け付けない感じ。

団塊~バブル世代の物欲主義のシンボル雑誌レオンに反発し、アンチブランド志向の新しいパパライフを唱えていたはずだったのに。。
まるで、30代パパ向けレオンのようなブランドカタログ誌のよう。

マーケティング的には団塊Jr世代狩りということで、パパ向け育児雑誌とかパパ向けファッション誌がどんどん増えてるそうな。

しかし、実際に買ってるひとはどれだけいるんだろ。
お金持ちのパパ友があまりいないのでよくわからない。
ひょっとして、イケてるパパじゃないと面白さがわからないのかな?

特集をちらみした範囲では、江口洋介とかキムタクみたいにおしゃれでナイスなパパも増えているらしいけど、自分には遠い世界よのう。。
本屋さんでそっとページを閉じるわし。
漫画「ジパング」最新刊を買ってちゃりんこで家路へ。

|

« グローバルワーク五輪 | トップページ | 電子書籍市場 プロマネ考 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/23122554

この記事へのトラックバック一覧です: パパ雑誌の今:

« グローバルワーク五輪 | トップページ | 電子書籍市場 プロマネ考 »