« ゴルゴ太郎で行こう | トップページ | ありがとう清原 さよならミスタープロ野球 »

大和と回天

昨日TVで放映されていた「男たちのYAMATO」に続き、DVDで「出口のない海」を観る。

5183szyzafl__sl500_aa240_3126p4wxazl__sl500_aa192__2

反戦映画の連ちゃんは心臓に悪い。しかし、反戦映画でありつつも2つの映画には大きな差があった。

「男たちのYAMATO」の怒涛の殺戮シーンはむごたらしいけれど、戦後世代が抱く大和にシンボライズされる、技術立国ニッポン的な戦艦巨砲主義へのある種の憧憬が隠せないような気がする。

日本の技術の粋を結集した美しい戦艦大和に選ばれて乗り組み死地に赴くことは、ある意味で戦中の英雄的行為ともいえる。映画では、久石譲の哀切かつ勇壮なBGMとともにヒロイックかつ荘厳なドラマが展開されていた。

それに比べ、ただの筒のような回天にたった1人で乗り組む無名な若者の悲惨さ、無念さ、恐ろしさはいかばかりか。乗りんだら最後どこに行くかもわからないし、敵と遭遇できずなんの戦闘行為もないままに海中深くで1人呼吸が途絶える危険性も高い回天。

31kzm59grel__sl500_aa280__3

YAMATOのような、死ぬ前の仲間たちとの熱い団結や撃たれた友の代わりに砲台を守らんとする犠牲的な行為もない。

回天という無名の筒に乗った若者を待つもは狭い密室での絶望と恐怖。派手な戦闘シーンもないまま命絶えるその瞬間まで、出口のない海をたださまようのみ。

戦後60年以上たった今も巨額の製作費で映画化されるや大ヒットを記録した大和。

ローバジェットで製作され、公開時にほとんど話題にもならず、レンタルビデオ店にも1本しか置かれていない回天の物語。

ただ、当時の名もなき若者たちの実像は後者に描かれていたような気がした。

ヒロイックな高揚感も生のリアルもない。ただ命も記憶も消えてなくなるのが戦争というものなのだなと。

|

« ゴルゴ太郎で行こう | トップページ | ありがとう清原 さよならミスタープロ野球 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/23946957

この記事へのトラックバック一覧です: 大和と回天:

« ゴルゴ太郎で行こう | トップページ | ありがとう清原 さよならミスタープロ野球 »