« リアルのゆくえ という名の世代間闘争 | トップページ | 初代適当爺 植草甚一 »

ロードショー廃刊が福田首相を…

映画雑誌の老舗「ロードショー」が休刊するそうな。。

福田首相の辞任表明を吹き飛ばすショッキングなニュースw

思えば、小学生のときはお世話になった。
当時はスクリーンとロードショーを交互に買ってたなと。
ハリソンフォードの記事をどれだけ載せてるかが購入の決め手。
とはいえ、ちょっとHなピンク映画ページがあったロードショー寄りだったかも。

中学生になってよりマニアックなキネ旬に移ってしまったけど、
映画ファンの誰もが通る2大洋画雑誌の1つがなくなってしまうのはさびしい。
福田首相辞任も、ロードショー休刊のショックのせいではあるまいか。

創刊は1972年。自分より長生きした雑誌ということで、無料情報全盛期の昨今、ある意味大往生といえるかな。

最近は平均発行部数5万部ということだけど、残ったキネ旬、スクリーンはもっと少ないはず。実売部数は3万部前後ぐらいなんだろうか?

配給会社の人も、今や雑誌よりネットの映画サイトとか映画好きブロガーの口コミの方が影響力が強いといっていたなと。
映画雑誌を読ませず、劇場まで直接観客をぶちこんだという意味で、おすぎのCMでのシャウトも強敵だったはず。

とはいえ、残る2誌にはわしらオールド映画ファンのためにもがむばってほしい。

老体にむちをうち続けた福田首相も、激務引退後は温泉でキネ旬でも読んでゆっくりしてもらいたい。

しかし、最後の福田内閣メルマガに書かれていた「一枚のうろこ」ってどういう意味だったんだろう?

一枚のうろこ。福田康夫です。

のうろこ。福田康夫です。

|

« リアルのゆくえ という名の世代間闘争 | トップページ | 初代適当爺 植草甚一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/23420806

この記事へのトラックバック一覧です: ロードショー廃刊が福田首相を…:

« リアルのゆくえ という名の世代間闘争 | トップページ | 初代適当爺 植草甚一 »