« 星野リベンジJAPANはプロ野球の終わりの始まりか | トップページ | 日本アニメ vs ハリウッド »

HEROES サイキックSFの進化形

遅まきながら、海外ドラマ『HEROES』をはじめて観た、
と思いきやここ3日間の夜を徹してファーストシーズン11本を制覇。

ファーストシーズンすべて観た海外ドラマなんてひさしぶり。
マシ・オカという日本人俳優が出てることぐらいは知ってたけど、
こんなにハマるとは思わなんだ。

「異物を理解することの難しさと、青年の自立への道」
というSFヒーロー物の王道を行くこの作品。
TVドラマにも関わらず、日本・インドを含む世界マーケットを前提とした製作費の潤沢さはもちろん、シナリオの緻密さもすごいなぁと。

いったい何人のライターやらストーリーアナリストで作ってるんだろうとうなってしまった。

さまざまな特殊能力とバックグラウンドをもつ大勢の「能力者」とタイムテーブルのような時間軸に古今東西のヒーロー物語のパターンをうまくミックスさせたパズルのような作品っちゅう感じ。

現代情報編集工学というか集合知の結晶ともいえるんじゃなかろうか。

個人的には、昔ハマった幻魔大戦の初期やサイボーグ009を思わせる展開とテイストが良かった。

この勢いがセカンドシーズン、サードシーズンまで続くことを期待。

|

« 星野リベンジJAPANはプロ野球の終わりの始まりか | トップページ | 日本アニメ vs ハリウッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/24682847

この記事へのトラックバック一覧です: HEROES サイキックSFの進化形:

« 星野リベンジJAPANはプロ野球の終わりの始まりか | トップページ | 日本アニメ vs ハリウッド »