« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

日本アニメ vs ハリウッド

10月27日夜にNHKスペシャルで放映された「日本とアメリカ」シリーズ第2回 『日本アニメ vs ハリウッド』が面白かった。


鉄腕アトムがハリウッド映画『ASTOROBOY』としてCG映画化されるにあたっての日米関係者の慣習や価値観の違いや、最初から英語圏市場向けに制作された日本アニメ『アフロサムライ』の制作上の苦労などなどとても興味深い内容。


暴力描写や宗教描写の検閲はもちろん、より大人向けによりわかりやすく修正されるローカライズ化についての日本側のストレスフルな作業が十分に伝わってきた。

続編ではない映画のねた不足で世界中の原作を捕獲したいハリウッド側と、少子化で縮小する国内市場に危機感をもつ日本側双方の思惑により、今後も程度の差こそあれこうした日米合作は急増していく方向にあるとのこと。

日本側を代表して取材を受けていたGONZOの制作責任者の、
それでも乗り越えなければならない壁」 なのだという一言が印象的。

まんがのしくみ連載でもマンガアナリストの中野晴行さんが再三指摘しているように、いわゆる「コンテンツ立国」日本の鍵を握るのは、官僚なんかではなく日本企業のプロデューサー。

遅遅とした国の環境整備を待つまでもなく、個人個人のがんばり次第なんだなぁとあらためて実感。


■日米合作時代劇アクション映画『アフロサムライ』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

HEROES サイキックSFの進化形

遅まきながら、海外ドラマ『HEROES』をはじめて観た、
と思いきやここ3日間の夜を徹してファーストシーズン11本を制覇。

ファーストシーズンすべて観た海外ドラマなんてひさしぶり。
マシ・オカという日本人俳優が出てることぐらいは知ってたけど、
こんなにハマるとは思わなんだ。

「異物を理解することの難しさと、青年の自立への道」
というSFヒーロー物の王道を行くこの作品。
TVドラマにも関わらず、日本・インドを含む世界マーケットを前提とした製作費の潤沢さはもちろん、シナリオの緻密さもすごいなぁと。

いったい何人のライターやらストーリーアナリストで作ってるんだろうとうなってしまった。

さまざまな特殊能力とバックグラウンドをもつ大勢の「能力者」とタイムテーブルのような時間軸に古今東西のヒーロー物語のパターンをうまくミックスさせたパズルのような作品っちゅう感じ。

現代情報編集工学というか集合知の結晶ともいえるんじゃなかろうか。

個人的には、昔ハマった幻魔大戦の初期やサイボーグ009を思わせる展開とテイストが良かった。

この勢いがセカンドシーズン、サードシーズンまで続くことを期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星野リベンジJAPANはプロ野球の終わりの始まりか

WBC星野監督が確実 という記事を発見。
来春行われる第2回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表監督は、星野監督の続投がもう決まったそうな。
なんだかんだいって、当初の予想どおりになってしまった。
これだけネット上で続投に対する批判がうずまいていたというのに、選考会議では“満場一致”で決まったらしい。。
8月の五輪敗戦以降、実にたくさんの実名ブロガーたちが感情的ではなく論理的に星野続投についての反対言論を展開していた。
ついつい自分のブログでも参戦したら、かなりのアクセス数を記録。
ブログ論壇というかネット世論の世界では完全に「続投はなし」という空気感だったけど、肝心の選考委員はネットを使わない世代。
若年層にも投票権がある選挙と異なり、構造的にネット世論が届かない典型的なケースだなぁと。
決まった経緯は諸説あるみたいだけど、この記事らへんが真実に近い気がする。

■だれが「スポーツ」を殺すのか ~暴走するスポーツバブルの裏側~


ONの後継者、星野『リベンジ』JAPAN の絶対に負けられない戦い
きっとこんなフレーズが生み出す星野リベンジジャパンの経済効果をTVのスポーツ局と代理店が試算したのかなぁと。
結果、予測される大バッシングのリスクを期待効果が上回ったということか?
野球観戦層とネットユーザー層がさほどバッティングしないので視聴率は下がりません、
とクライアント企業の決裁権層を説得できるという結論なのだろう。

野球人としての星野仙一個人は熱血漢で情も厚そうだしわりかし好きなんだけど。。
監督としての戦略と戦術がないのでまず勝てないと思う。

各国ががちんこで参加する今回は、勝利ではなく視聴率重視でということね。
短期的には合理的な判断かも。
ただし、長期的にみるとこの決定がプロ野球人気の衰退を加速させる気が。

今では話題にすらのぼらない、サッカー日本代表とJリーグの敗因を思い出してしまう。
単に、ジーコJAPANプロジェクトと星野JAPANプロジェクトの担当者間の情報共有がなかっただけかもしれんけど、2年前のデジャヴュを視る感じ。
ビッグネームによるプロモーションも大事だけど、ビッグネームがこけたあとも大事なのになぁと。
若い時、サッカーも野球もやってきただけに残念なニュース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どすこい出版流通 ~熱き出版人の遺書~

どすこい 出版流通

著者:田中 達治

本の世界を目指すひとのための新しいバイブルであり、本の世界の原点を失わないための警句の書でもある。

どすこい 出版流通

本書は、出版業界のインフラ整備に尽力しつつ、一度倒産した筑摩書房を立て直した、前取締役営業局長の故田中達治氏の遺作コラム集。

内容は、本人が同社の書店向け新刊案内に1999年〜2007年まで掲載していた業界よもやまエッセイ的な連載をまとめたもの。

田中氏が亡くなった後、その凄い仕事ぶりと遺志を継ぐ形で、書店、取次、出版社……出版流通に携わるすべての人のテキストにすべく版元ドットコム有志の協力によりポット出版から出版された1冊だそうな。

他のブロガーさんも書いているようだけど、腰巻にもある一文

『私は「良書」という言葉が、いや、ことあるごとに「良書」を口にする出版人がキライだ。……』

にひかれて購入し、仕事中に一気に読んでしまった。

筑摩書房というと、古き良き人文書系の「良書編集」出版社と思われがちだけど、じっさいに同社を支えていたのは、ロジカルかつ広い視野をもった近代的営業マンだった。

書店員を含む業界人向けに書かれた内容のため、業界裏話や業界用語が満載だけど、田中さんは本書で、沈みゆく本の業界の中で出版人としての個人ができることがなんなのかを軽妙な文体の中で、時に熱く、時に鋭い毒舌で読者に訴えかける。

本の仕事をしている一読者として感情移入できたし、出版業界のEDIやらSAやら実際に自分も直接的・間接的にタッチしたインフラ構築プロジェクトやら「逆送」「配本ランク」などの独特の商慣習課題についての所感も頻出していて、その主張に納得しつつ激しい共感も覚えた。

『良書を売り損じたのは、本屋や国民や政治のせいではなく私がヘタなだけである』

同じく、腰巻にあったこのコメントも、長年チャレンジしつづけた人だけが実感できるせりふだろう。

最後に、本書192ページ目の著者メッセージには思わず涙がこぼれた。

「病は誰にでも等しく訪れるものです。私は思いもよらず早くその日を迎えてしまいましたが、悲観はしておりません。『明日』」をイメージすることが出来る限り、病に向かい合い、治療に取り組む覚悟です。またいずれそれが及ばなくなる日が訪れても、静かに流れるようにすべてを受容したい、そのような自分でありたいと念じております。

 出版業界はますます厳しい未来に直面しています。しかしながら、メディアとしての出版は他のメディアとして比較し、深く、重く、誠実に伝える力を持っています。その 力を最大に発揮するシステムをみなさんで築き上げてください。私はもとより、無数の読者がみなさんを応援しています。頑張ってください。

地味で目立たず、しかし本の世界が存続するためには一番重要なミッションであることはわかりつつも、出版のインフラ構築に本気で関わる人の多くが、何度も心が折れる経験をしてきたはず。

リアル・ネットや川下・川上問わず、既得権益組織の抵抗とプレッシャー、個人の良心と虚栄心との板挟みにあい、本の世界が好きな人であればあるほど、この世界を離れたいと思うこともしばし。

絶版がなく、読みたい本を読みたい人にふつうに届ける仕組みを作るために一生を捧げた出版人の最後のメッセージは、一時的に心折れそうな読者にとって最高のバイブルになりそう。

メジャー作家やタレント、仕掛けという名の小さなトレンドに頼った一過性のぷちミリオンセラー狙いにしかアンテナを張れないミーハー編集者のみなさんも、読めば出版の真髄がわかるはず。

40年かけて本の世界の仕組みづくりにチャレンジしつづけた熱き先達から、その遺志を継ぐものたちへのギフトともいうべき「良書」だなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ論壇の誕生 団塊とロスジェネの対立を超えて

ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))

著者:佐々木 俊尚

ブログ論壇の誕生 (文春新書 (657))

ITジャーナリストの佐々木俊尚氏が、文春の月刊誌『諸君!』の連載「ネット論壇時評」を新書にまとめた1冊。

毎日新聞が運営する海外向けサイトでの破廉恥記事騒動や、朝日・読売・日経連合のポータルサイト「あらたす」、ウィキペディアへの官僚たちの書き込みがwikiスキャナーでばれてしまった件など、比較的最近のエピソードが網羅されている。
共感と非難を含め各種ブログでも大きな話題となった秋葉事件や、米韓のように深まりつつあるネットと政治との関係も。
数多くの今日的なテーマをからめつつ、既存情報の流し手とネットユーザーをめぐる事件を題材に、既存マスコミへの不信をつのらせるネットユーザーたちの中からネットを主戦場とするブログ論壇が勃興しつつある事実とその問題点が描かれていた。

一見、リアルVSネットという対立軸で語られがちなブログ論壇。
実質的にはマジョリティな団塊世代vsマイノリティなロスジェネ世代という構図なのだ
ということを明らかにしたという意味で、ブログを活用している世代ではなくむしろこれからネット消費の時間を増やしていく団塊世代向けに意味のある一冊なのかも。

しかし、「ブログ論壇の誕生」というタイトルとは裏腹に、表現とコミュニケーションの場としては、mixi、yuotube、ニコニコ動画やモバゲータウンなど、今やメジャーとなった感のある無料のWEB2.0的サービスに移行しつつある。
日本語のブログ投稿数が世界一といわれる中、匿名かつ内輪ネタにこもるがゆえの質の乏しさで、ブログ限界説もささやかれているそうな。

団塊とロスジェネ世代の中間に位置する著者のメッセージは、リアルかつロジカルな議論とそれを実現するアーキテクチャは、マイノリティ意識に拘泥する狭い世代だけでは生まれてこないということかなと。

巻末に収録された著名ブロガーリストも、
玉石混合のブログから骨太な議論が展開されていそうなものを選定した団塊世代向けブログナビ的要素を感じさせられる。

若年層にとっては、もはや「論壇」ということばさえピンとこないはず。

「ブログ論壇の誕生」のためには、ロスジェネやら団塊やら新人類世代をこえて、

17世紀のコーヒーハウスのような、活発かつオープンなネット上の討議の場の再設計が必要なのだ

ということかと理解した。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

出版は森を滅ぼす? 出版とエコの関係

仕事で紙の消費量について調べていたところ、意外なことを知った。

日本の紙の生産量(=消費量)は世界全体のほぼ1割を占めてるそうな。
紙の原料となる木材チップの輸入量は、なんと世界貿易全体の70%を占める。

理由としては、森林資源が少ないためほとんどを輸入に頼ってるから。
南アフリカやオーストラリアなど南半球の国の森林の多くが日本で消費される。
アメリカについで二番目の紙の浪費大国だという日本。

その紙生産のために、年間で約1億1000万本もの樹木が伐採されてるんだと。
日本人1人あたり平均で年間A4用紙130枚分を使うという結果。
中国人の8倍、インド人の60倍を消費してるそうな。
個人的にも、仕事の資料などでそれよりはるかに使っていそう。

仮に中国の人が日本人と同じペースで紙を使ったら世界は滅びるそうな。
しかし、個人による消費よりも、本や新聞など企業法人による印刷情報用紙消費がはるかに多く、紙の総消費量の過半数を占めるのだと。
日本は出版大国、新聞大国やらと悦に入ってる場合ではない。

このブログなんかも、仮に紙に書いてたら年間で100枚以上は消費してたはず。そんな意味では、ブログやら電子書籍はちょいエコなのかもしれんなと自己満足。

しかし、紙の浪費を少なくするための個人の努力はたかがしれてる。
せめて、無駄にコピーしないようにするとか印刷時に両面を使うとか。
恋文や辞表も手紙ではなく、「@LOVE」「@GOODBY」と携帯メールで済ますとかw

エコカーやらをはじめとする個人に対するエコ意識向上の訴えは、全体でみるとじつはあまり効果がない。
問題は政府や企業の取り組みなんだと。
たしかに、広辞苑やらカタログ誌の無意味な分厚さとかいったい誰が読むんだよという立派な企業概要資料とか役所の資料とか、ふしぎに思うことはしばし。

個人も企業も、まずは貧乏性であることが森を救うということかなと。

ここにも詳しくのってます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

キャリアと恋愛の関係

いまいる会社は、結婚してるひとが1割ぐらいしかいない奇特な会社。
結婚云々というよりも、楽しい恋愛をしてそうなヤング自体が少ない。

ネット系の仕事をする人はバーチャルコミュニケーションの方が好きなのかな?と思ってたけど、「恋愛退却男子」という存在は社会的な現象だったのか、と下記の記事を読んで考えさせられた。

【働く女子の実態】恋愛に乗り出さない男子が増えている!? で、女子はどうすればいいの?


上の人たちからは、若手の仕事ぶりが消極的なのをなんとかせい、
みたいなことをよく言われてきた。
ヤング層の安定志向を少子化社会やらゆとり教育の弊害とする人事マンや専門家の分析はもっともらしいけど、本質的になにか違うんじゃないかと感じる。

そもそも雑用やら理不尽なことが多い若手時代から、仕事大好き!
なんちゅうほうが気持ち悪い。
自分らもそうだったけど、遊び半分学生気分の抜けない男子が慣れるにつれて新しい仕事にチャレンジしていくのは、別にお金や出世のためではないような。
独身時代は仕事より好きな女性の優先順位が高いのがふつう。

無理目の素敵な女性にFalling love→地位も名誉も経験もある年上男性陣と競合→ハンデに打ち勝ちゲットするため、せめて仕事の時間を使って成長しよう
という流れなんじゃないかなと。違うかな?

恋愛というかプライベートでがんばれてない人が、仕事だけがんばるのは相当器用でないとむつかしい。
多くの男子にとって仕事のモチベーション要因で大きいのは、昔も今もLOVEであることは不変かと。

受験や社内試験なんかより、すごく好きになったひとをゲットするときほど自分の実力不足がもろに出てしまうときはないような。
相手が有名人だとか旦那持ち彼氏持ちだとかそれぞれの勝ち目のない恋に落ち、手痛くふられた時がなにか新しいことにチャレンジする時

とおやじは青臭く思ってしまうのですが、
おじさんたちはどうですか?


 Written by HIDEDY THE OLD ROMANTIC BOY 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書進化論 というより作家進化論

ビジネス書ジャンルの売れっ子著者である勝間和代さんの新刊はとても新しかった。

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1) Book 読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)

著者:勝間 和代
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容紹介
勝間式「人生が進化する」本の使い方
経済評論家でベストセラー作家の勝間和代氏は、本で「成功と自由」を手に入れてきた。
著者を「進化」させた本と、本をめぐる技術のすべてを紹介します。
ウェブ時代の「本」の新しい価値と可能性について提言します

タイトルに『読書進化論』とあるけれど、本質的には『作家進化論』『出版進化論』とでもいうべき内容。

おそらくマーケティング戦略上、狭い作家層ではなく読者というより広い層を意識してつけたような。

勝間さんのことを知ったのはここ数年のこと。いつのまにかamazonランキング上位の常連になってたので気になっていた。

著書を読むのははじめてだったけど、本書を読んでなぜ売れるのかが理解できた。

ビジネス初心者層にもわかりやすく親しみやすいこともちろんのこと、ご本人が書いているとおり『書くことの5倍売る努力』していることが内容ににじみ出ていた。

本文中の「勝間式書店ぶらぶら歩き」や「書店担当者へのインタビュー集」も、読み物としての面白さというより、取り上げられた書店チェーンやamazon担当が販売に力を入れやすい、入れてくれるという営業意識が感じられる。

本書の出版においては、勝間さん自身が一著者の枠をこえてマーケ戦略・ネット戦略にも参謀的にかかわっているような印象を受ける。

出版を通じた勝間ブランド向上プロジェクトマネージャー」的役割を担っているんじゃないかなと。書店販促はもちろん、リアルもWEBも同じように大事で相互に補完しあう存在という本書の主張どおり、amazonにも動画があり出版元の小学館が運営する販促用公式サイトにもかなりの工夫が。

mixiコミュ、アルファブロガー、ネット書店のレビュー、はてブ、インターネットラジオなど著者がもつネットプロモーションノウハウを全投入し、出版社(編集・営業・マーケ・WEB)スタッフ&協力書店のスタッフが一大プロジェクトとして仕掛けた1冊であることを実感させる。

『編集者はあくまで著者を助けてくれる人であり、コンテンツ編集の責任者はあくまで著者である』と3章で述べている。プロジェクトもまたコンテンツと捉えた場合、情報編集のイニシアティブが既存メディアのサラリーマンではなく個人に移行している事実もまた厳然と示してるんじゃないかなと。

そして出版で飯を食う人間にとってあらためて勉強になるのは第4章。

■第四章「売る」仕組みを進化させる

  • 出版業界は「プレイス」と「プロモーション」に弱い
  • 好循環を生む基本的な仕組みは「まじめに作って、まじめに売る」
  • 「著者ブランド」を最大限に活用する
  • リアル書店とネット書店の特徴を生かした「売る」仕組み作りを
  • ウェブの活用、チャネルの再考…まだある、出版社にできること

さすがにマッキンゼー出身だけあって、マーケティング4Pのうち出版業界に不足しているのは「プレイス」(実質、配給制といえる出版流通が取次の配本ランク依存であること)と「プロモーション」(自社媒体・新聞広告以外の販促手法を知らない)であることを早くも看破。

その不足を嘆くのではなく、自らの戦略とネット&リアルプロモーションの実践でもって見事に補っている。自ら書くだけでなく、戦略をねり営業やプロモーション、マーケティング検証まで行う。

著者進化論というべきか、1人出版社論というべきか。。いずれにしても、著者という従来概念をとっくに超えたニュータイプな存在。

個人的に、電子書籍を活用した出版の近未来かくあるべしと思っていたことの半分はすでにトライし着実に成果をあげつつある。その広義の情報編集力をもってすれば、勝間さんが目指す一般読者にとってのメジャーブランドになる日も近いような気が。

勝間さんのノウハウにまだ電子書籍がないようであれば、近いうちに共同プロジェクトをごいっしょしたいなと夢想。そのためには自分もひたすら新たなトライアルを繰り返すのみ。

要は、やったかやらなかったか、の差なんです』ということばに激しく同意できた1冊。

■本書の目次(目次も戦略的!)

序章 成功や自由は、読書で手に入れる

  • インターネットと本
  • 本ほど人生の疑似体験ができる身近なツールはほかにない
  • 本は「成功への投資」

第一章  人を進化させる読書がある

  • ウェブ時代の本と書店の再定義
  • 自分を進化させる本とのリアルな出合い方
  • 読者が進化して著者になると、上場株(=パブリックな人材)になる
  • ウェブで発見され、約1年で150万部の売り上げに
  • 再現性が高い本は読者に“ご利益”をもたらす
  • 勝間式 書店ぶらぶら歩き① 「リブロ青山店」編

第二章 進化している「読む」技術

  • フレームワークがない読書は身につきにくい
  • 本選び基準のひとつは「ウェブや友だちの話より質が高いかどうか」
  • 良書との出会いが読書体験を豊かにする秘訣
  • 自分の読書レベルに合った読み進め方がある
  • 多読や速読など、「読む」技術について
  • 「読んでおしまいにしない」が究極の技術

第三章 「書く」人も進化する

  • 深い話を広く伝える手段として、本は最もリーズナブルな流通形態
  • 文章力はブログやメールで進化させることができる
  • 書店は宝の山。“本のコンシェルジュ”を活用するのも手
  • 勝間式「相手がわかりやすく読みやすく書く」ための4つの技術
  • 技術(1)「自分の事例」「アンソロジー形式」を利用して、親しみを持たせる
  • 技術(2)「役に立つフレーズ」を必ず入れ、読書だけに体験を閉じない
  • 技術(3)「共通体験」や「流通していることば」を使って行動を促す
  • 技術(4)「コンテンツ力」と「編集力」で進化していく
  • ウェブで発見されて著者に進化するには

第四章「売る」仕組みを進化させる

  • 出版業界は「プレイス」と「プロモーション」に弱い
  • 好循環を生む基本的な仕組みは「まじめに作って、まじめに売る」
  • 「著者ブランド」を最大限に活用する
  • リアル書店とネット書店の特徴を生かした「売る」仕組み作りを
  • ウェブの活用、チャネルの再考…まだある、出版社にできること
  • 勝間式書店ぶらぶら歩き②「丸善丸の内本店」編

終章 これから「読みたい」「書きたい」「売りたい」と思っているみなさんへ

  • 読書の進化形、印税寄付プログラム<Chabo!(チャボ)>
  • すべての人にフェア(公平)な可能性を秘めている「読書」の世界

私を進化させた20人の著者

本書の詳細はこちらの公式HPで

| | コメント (63) | トラックバック (0)

ありがとう清原 さよならミスタープロ野球

清原の引退試合をみてむちゃくちゃ感慨深かった。

上の世代のミスタープロ野球といえば王・長嶋なんだろうけど、
自分らの世代にとってのミスタープロ野球はやはり清原なんだなぁと。

少年野球をやっていたときにTVで観た、PL学園時代の甲子園2打席連続ホームランは子供心に衝撃的だった。
あまりの才能の違いを感じて野球を続けるのをやめたような気も。

幸運にもバッティングセンターで清原と遭遇した当時の少年野球チームの監督が、
キヨハラの尻はでかい。ホームランバッターの尻はものが違うぞ
と異常に興奮していたのがなつかしい。

長嶋の引退試合を思わせるカクテル光線の中でオーラを放つ清原。
東大には毎年3000人ぐらい入学できるけど、プロ野球はたった70人という狭き門。
その長い歴史の中でも指折りの「記憶に残る」スター選手だった。


しかし、西武黄金時代にプリンスだった清原はいつから番長キャラになったんだろう?本人はワイなんて言ったことはないらしいけど、
フライデーの「おう、ワイや!清原和博番長日記連載」が原因か。

最後の舞台で、長淵やらイチローが飛び入り参加したのも番長らしかった。
個人的に、最終打席の理想のシナリオとしては、
最後も死球→ピッチャー殴る→両軍大乱闘→なぜか両軍で胴上げ→涙の番長
だったんだけど、ラストはおとなしかったのが少しさびしい。

球界史に輝くその番長キャラも、スター不在といわれる球界を最後まで盛り上げるための清原なりの演出だったのかなと。
WBCにも、星野監督にかわって監督兼指名打者で出てきたらサプライズ。

きっとこれからも、甲子園やライオンズのテーマソングを聞くと清原を思い出すんだろうなと。

■番長 古巣にも胴上げされる

■PL学園時代の番長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »