« マンガビジネス入門 ~まんがのしくみ ついに電子書籍化~ | トップページ | マチャアキは今年も本気 and  俺はまだ本気出してないだけ  »

本の雑誌よ 永遠に

51yhfyofbtl__sl240_

本屋でなんとはなしに『本の雑誌』年末特大号を立ち読みしてたら、
編集長の椎名誠がさっくりと衝撃的なことを書いていた。

○以下抜粋
-----------------------

2008年になって『本の雑誌』の経営が急に悪化し、このままでは「休刊」に追い込まれるかもしれない、と現経営者に聞き、これはいかん、と思い、ぼくはもう何年も前から実質的な編集現場から離れていたが、なんとか立ち直る方向でみんなと頑張ることにした。

今回いきなり自分の編集長の系譜を書いたのは、これが最後の「今月のお話」になるかも知れないから、と言われたからだが、これを書いている途中で(締切前日に)まだもう少し這いつくばってでも出していこう、というスタッフみんなの決意になった。
地方の講演などに行くと、むかし『本の雑誌』読んでました、などと言う人とよく会うけれど空前の危機を迎えてしまったのでぜひまた『本の雑誌』を読むようにしてほしい。

-----------------------

本の雑誌は1976年から続く、業界ミニコミ誌の草分け的な書店直販雑誌。
(雑誌扱いではなく、書籍扱いだから実質は「本の本」か?)

愛読誌というものでもないけれど、
中学生ぐらいからなんとなく図書館で読んでいた雑誌のひとつ。
小さくてゲリラ的な自由を持つ出版界の象徴ともいえる存在。
良くも悪くも、こんないい加減な雑誌がよく30年以上も休刊せずもったなぁ
といえなくもないけど、なくなってしまうのはさびしいような。

仲俣暁生さんのブログ「海難記」でも、出版界における同誌の意義と今回の件が語られていた。

雑誌仕入の仕事をしている知人に聞くところによると、
雑誌の返品率が再び40%近くに跳ね上がってしまったため、
来年から雑誌の配本総量規制ががちんこで始まるらしく
未曾有の雑誌休刊ラッシュが待ってるそうな。

ダイヤモンド社あたりのビジネス系雑誌は比較的堅調らしいけど、
広告依存のファッション誌やら総合誌やらのマス媒体はどんどんなくなるだろう。

とはいえ、小さな出版社が気合いで作ってるこうした古き良き雑誌は残って欲しいなと。

世界的不況による紙代の高騰とかネットへのユーザーニーズの移行とか、
今の雑誌のビジネスモデル自体の問題も大きいんだろうけど、
全ての雑誌が不況の影響を等しく受けるわけではなさそう。

実際のところ、買切で返品もなく制作費も部数も少ない本の雑誌の行く末は、
これまで立ち読みで済ませてた元読者が今月号を買うか買わないか、
に大きく左右される気が。

ということで、なんとなく今月はふだんより雑誌を多く買った。
休刊されないために買う、
というのが来年からの読者の役割の一つでもあるのかなぁと。

この内容であれば、低コストで全てWEBマガジン化して、
連載がたまったら単行本を電子書籍配信というモデルにすぐ移行できる感じがするけど、
本の雑誌はやっぱりあのザラ紙で読みたいもの。

休刊すれすれだというのに、1月号の誌面も昔同様にゆるい。
来年のことも考えずに「9人の新連載が一挙スタート!」するそうなw
誌面そのままに来年もゆるゆるだらだらと続けばいいなとふつうに願う。


WEB版 本の雑誌

「オトコの本棚」連載に、ハゲタカ主演の大森南朋が登場。
大森南朋、渋いっす。

|

« マンガビジネス入門 ~まんがのしくみ ついに電子書籍化~ | トップページ | マチャアキは今年も本気 and  俺はまだ本気出してないだけ  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/26654376

この記事へのトラックバック一覧です: 本の雑誌よ 永遠に:

« マンガビジネス入門 ~まんがのしくみ ついに電子書籍化~ | トップページ | マチャアキは今年も本気 and  俺はまだ本気出してないだけ  »