« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

プロ野球版・男の星座 清原和博 「男道」

51h7oycb2nl__sl500_aa240_野球番長こと元プロ野球選手清原和博の
最初で最後の自叙伝「男道」を読了。

むう~。

文句なしに、これまでに読んだスポーツ選手自伝史上最高に面白い。

映画「ラストサムライ」中の台詞から物語は始まる。

「彼がどんな風に死んだのかを教えてくれ」
「いえ。私は彼がどんな風に生きたのかをお話しましょう」


清原というキャラクターが持つ稀有のスケール感に加え、
出版企画者の見城徹氏(幻冬舎社長)一流の濃ゆい味付けが足され、
題名通りの「男道」にふさわしいマッチョな熱血スポ根物語になっていた。
大阪一の天才野球少年の冒険譚という感じ。

しかし、清原は小学生のころからプロフェッショナルな野球人だったんだなぁと。
桑田とのKKコンビで甲子園2回優勝を果たし
「甲子園は清原のためにあるのか―」 とアナウンサーを絶叫させた高校時代。
王貞治を超えうる可能性を持つ唯一のバッターと騒がれ続けた
岸和田出身の天才野球人の半生は数々のドラマに満ちていた。

小学生時代から自分のバットスピードのあまりの速さと遠くにとぶ打球に
まわりが驚きつづけていたこと。
プロになってもファンを驚かせ続けることを自らの使命と感じていたこと。
王貞治は憧れではなく心のライバルだったという本音も淡々とつづられる。
過去の自慢話のようには聞こえないのが清原が怪物たるゆえんか。

西武ライオンズに指名されたときのせりふ
「埼玉県? 埼玉県ってどこや?」
も野球一筋の清原らしくて笑えた。


TVや新聞で報道されていた、プロ入り以降の桑田や巨人軍フロントとの確執。
これまであまり明かされなかった当時の本音が、
湿っぽくなくまっすぐに語られていて、まことに男らしい。
清原節というより長淵節というべきか。


スター不在といわれるプロ野球界で、23年もの長い間主役を張り続けた清原。
その選手生活を野球史に残るドラマに仕立てたのは、
「野球版・男の星座」ともいえる敵役やいぶし銀の助演陣の存在。

近鉄・野茂、阪急・山田、ロッテ・村田兆治など当時のパ・リーグエース陣との迫真の一騎打ち。
尊敬する落合からの「おまえのピークはPL時代で終わってる」というような厳しい指摘。
東尾、仰木といった親分肌の監督たちや西武の堤・読売のナベツネ両オーナーらとの人情味あふれるエピソードの数々。
まるで、ど演歌か古き良きやくざ映画のよう。

そしてラストの引退試合。
複雑な思いを抱き続けた王監督からかけられた有名な言葉
「生まれ変わったら、必ず同じチームでホームラン競争しような」
にもしびれた。

しかしながら、この一遍の野球映画を
この上なくドラマチックなものにしたのは、
生涯のライバルであり無二の球友でありつづけた桑田の存在。

PL学園VS池田高校戦にて
KKコンビがさっそうと甲子園に登場したあの遠い夏を覚えている、
日本中の元野球少年感涙の1冊。

■運命の時 ~昭和60年ドラフト 桑田・清原の進路~

object width="425" height="344">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁を破った2人の偉大な日本人 水木しげる先生と村上春樹氏

今年は、日本人の作家2人が他国の権威ある出版賞を受賞したそうな。

1人は、われらが御大-生ける伝説―水木しげる先生。

ぬあんと、欧州最大の国際漫画フェスティバルにて
「未来に残したい漫画」という漫画遺産部門で見事栄冠に


受賞作は反戦漫画『総員玉砕せよ!』。

渋いっ! 渋すぎるぞ欧州アート界のインテリたちは!

しかし、妖怪とか太平洋戦争とかまったく西洋的でない日本固有のテーマの作品が、
西欧文化人の閉鎖的かつ厚い壁を打ち破ったことも特筆もの。

2年前に、『のんのんばあとオレ(先生の自伝漫画)』で
水木先生が同大賞に輝いているのでこれで2回目の快挙。
星の数ほどいる日本人漫画家で同賞を受賞したのは、あとにも先にも水木先生ただ1人。

さすがに昨年、在住ウン十年にしてわがふるさと調布市の名誉市民にやっと輝いただけのことはあるなぁとw

しかし、国内であまり話題にもなっていないのはなんでだろ。。

排他的かつ西洋文化中心の欧州でここまで認められた日本人アーティストは
黒澤明&北野武の両映画監督以外では初めてじゃないのかと。

手塚氏や赤塚氏同様、たぶんご本人が存命中の間はその偉大さがわからないのかも。

それはさておき、水木信者の1人としては嬉しいニュース。

ゲゲゲ世界戦略は思わぬ形でフランスで進行中!

--------------------------------------------------------

2人目は、村上春樹氏。
イスラエル最高の文学賞エルサレム賞の受賞が決まったそうな。

村上氏がすごいのは、「受賞はイスラエルの対パレスチナ政策(虐殺や封鎖政策など)を擁護することになる」として受賞辞退を求めた国内のNGO「パレスチナの平和を考える会」とその賛同者たちの抗議を受けながら、それでも授賞式への参加を決断したこと。

イスラエル軍のパレスチナ自治区ガザ攻撃で約1300人の死者が出た直後だけに、
並みの神経だったらその決断はできないだろうなと。

リスクを負ってエルサレムでの授賞式に出席した村上氏の
昨日のスピーチが素晴らしい。

以下はスピーチの一部を要約して抜粋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1000人以上が(ガザ攻撃で)死亡し、その多くは非武装の子供やお年寄りだった。
そして、日本国内で私の受賞拒否を求める声も上がった。

作家は自分の目で見たことしか信じない。
私は非関与やだんまりを決め込むより、ここに来て、見て、語ることを選んだ。

『壁』(戦争を生む社会システム)は我々を守る一方、時には組織的な殺人をも強いる。
そして、人間は壁にぶつかると割れてしまう「卵」のようなものだ。
ただ、その卵(人間)は個性を持つかけがえのない存在であり、自分は常に卵の側に立ちたい。
「壁」は高く、「卵」の勝利が絶望的に見えることもあるが、我々はシステムに利用されてはならない。我々がシステムの主人なのだ――。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まるでオバマ氏を彷彿とさせる名スピーチ。

英語のスピーチ全文はこちらの池田信夫氏ブログで。
(めったに他人をほめない池田信夫氏が珍しく他人を激賞するさまにも感動)

世界不況の影響かパラダイス鎖国化がますます進む2009年の日本で、
少なくとも2人の日本人が厚い壁を破ったことは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kindle2 が変えるもの

Kindlelive10278

2月9日に、amazonがついに読書端末kindleのニューモデル「kindle2」を発表した。

日本ではほとんど話題になってないけどw
アメリカのメディアはこの話題でもちきりらしい

軽量小サイズが売りのkindleだけど、
新モデルは文字情報の音声朗読(音声変換)機能が加わり、
さらにスリムで高速化しているそうな。

記憶容量は2ギガバイトで、
保存可能な電子書籍数は従来の200冊からいっきに1500冊に。
6インチ・ディスプレイ(600×800ピクセル)の電子ペーパーには、
従来の4階調表示より鮮明な16階調表示を採用しているという。

価格は1号モデルと同じ359ドル(約3万3000円)のままで、
今月24日から出荷を開始するそうで、2号機は品切れがないよう注意するとのこと。


NYの図書館で行われた記者会見で
CEOのジェフベゾスは
「当社の構想は、これまで出版されたあらゆる言語のあらゆる書籍を60秒で利用できるようにすること」と語ったらしい。
また、ベストセラー作家のスティーブン・キングの新作「Ur」をキンドルで独占配信する予定とのこと。

読者はベストセラー新刊が1000円以下で読め、
著者は出版印税が35%も入る(通常は10%)というまさに読者と著者ともにおいしいビジネスモデル。
日本での発売は2年以上かかると思うけど、
新書や文芸文庫などをヘビーに読む読者には向いてる。
800円前後の新書を300円から500円で流通できれば
日本でもkindle市場は一気に広がるんではないかと。

まだ現物に触ってないので使いやすさについてはなんともいえないけど、
会見で説明されたという「ウィスパーシンク」という新機能にも注目。

ウィスパーシンクとは、kindleで読者がどの本を読んでいるのか、
どのページを読んでいるのかがわかるというモニター技術
だそうな。

リアルタイムで、どんな読者が何を読んでいるのかさっぱりわからない、
というの点がこれまでの書籍流通の大きな課題でもあった。

アマゾンが実現したこの技術が、これからの出版ビジネスを大きく変えていくだろう。

これからの本づくりや本を売ることに関わるひとは、
この技術が「すでにある」ということを前提に
出版という仕事について考えていくのかなと。

kindle2のガジェットとしての形や色はともかく、
革新的な変化はいつも地道に進行するもの。

そして、金森さんというマーケティング専門家の方のエントリー
電子書籍端末「キンドル2」からチラつくアマゾンの凄味
で説明されている、amazonが持つ圧倒的な「顧客基盤」の力には納得。

amazonが実現していくであろう成長戦略は、
いつのまにか市場の生態系を根底から変えてしまうのだろう。

以下上記エントリーから引用

-----------------------------------------------------------

ゴール・アンゾフの成長戦略のマトリックスで考えてみる。
この
フレームワークは、横軸に製品、縦軸に市場をとり4象限を作って各象限毎に戦略の方向性を示す。
既存の
顧客に既存の製品をさらに販売する「市場浸透」。
同じ市場に対し新製品を投入する「新製品開発」。製品は変えずに新たな
顧客を取り込む「新市場開拓」。
新製品を新市場に展開する「多角化」の4パターンである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »