« ハゲタカ 新聞業界編  『ザ メディア 新聞社買収』 | トップページ | 神保町のブックサロンメディア創刊! »

美貌男編集長

WEBニュース『サイゾーウーマン』にて興味深い記事を発見。

男性向けファッション誌「メンズクラブ」の編集長の個人ブログが話題になってるそうな。
ハンサムリッチ」と名乗るその編集長氏のブログ名は
「トガブロ。~南青山で働くメンズクラブ編集長・戸賀敬城のハンサムリッチな社交&お買いもの日記~」
ダイレクトなネーミングもすがすがしい。

Togaburoror

ブログを読むと、「美貌男」と書いて「ビボオ」と読ませるそうなw

映画『ハンサムスーツ』でも本人役でスクリーンデビューを飾ったらしい。
ハンサムスーツは面白そうだ、と思いつつもまだ観てなかったので知らなかった。

そして、その自己愛とブランド愛に満ちたデザインとブログ内容が
広告不況のさなかの『雑誌業界のKY』的な目で冷やかにとらえられることもあるらしい。

この編集長さんには、以前なにかの集まりで名刺交換したことがあるけど、
当時は派手だとか軽薄とかまるで感じさせない真面目そうな印象しかなかった気がする。

男性ファッション誌の編集長が、ハンサムリッチなモテおやじ
.なんて言うのはとてもいいことだと単純に思うんだけどなぁ。

大手女性誌が冴えないおじさんたちによって作られていたり、
そのジャンルの知識も興味もない高齢の編集長が
社内事情と年功序列でなんとなく作らされているという雑誌も多い中、
編集長みずから雑誌のコンセプトや方向性を体現、発信するのは大事なことじゃないかなと。

ネットという無料情報時代で一億総編集者・総表現者時代ともいわれる昨今、
ユーザーの方が知識も経験も豊富でトレンドの最先端を走っているのは事実。

作り手がこうでもしないと、買われる雑誌作りなんていうのは難しいのかも。
この編集長さんには逆風にめげずがむばってほしい。

ネットは新旧やプロアマ問わない自由競争の世界。
職業編集者の情報編集力がこれから通用するのかどうか
もろに問われてしまう世界でもある。

1日のアクセス数が6000PVになって喜んでるらしいけど、
その100倍以上を稼ぐ情報編集力がないと、
広告や芸能人に過剰依存しない有料媒体づくりは成立しないんじゃないかなと。

しかし、なんやかやと理由をつけて縮みゆく国内リーグに引き込もる雑誌人が多い中、
持てるリソースをフル活用し、
ネットというメジャーリーグに勝負するリスクをとった勇気にはリスぺクト。

最新トレンドなんぞに疎いおやじとしても、勉強がてらたまにチェックしたいなと。

menkurara.jpg  

 

|

« ハゲタカ 新聞業界編  『ザ メディア 新聞社買収』 | トップページ | 神保町のブックサロンメディア創刊! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/28684181

この記事へのトラックバック一覧です: 美貌男編集長:

« ハゲタカ 新聞業界編  『ザ メディア 新聞社買収』 | トップページ | 神保町のブックサロンメディア創刊! »