« プロ野球版・男の星座 清原和博 「男道」 | トップページ | ハゲタカ 新聞業界編  『ザ メディア 新聞社買収』 »

WBCはなぜアメリカで盛り上がらないのか 日韓倦怠戦考

ひさびさにスポーツニュースでずっこけた。

WBC 日本、韓国に敗れA組2位

つい2日前、東京ドームで戦ってコールド勝ちしたばかりなのに、
決勝戦を同じドームで同じ韓国代表とやってるらしい。。

五輪の借りを返したようなあの大勝の意味は一体なんだったのか?
なんとも侍らしからぬ間の抜けた戦い。
ホームで2回も戦う必然性はないのになぁと。
まともなプロリーグが3ヶ国しかないアジアで、
4ヶ国集めてプロトーナメント戦をやる無意味さの上に無意味を重ねた感じ。

世界的な広告不況でTV番組製作費がコストダウンされてるとはいえ、
視聴者を完全になめくさってる。
あほな構成のTVイベントを批判すらできず、煽り立てる系列新聞にも脱力。
オバマ、ヒラリーはもちろん、メジャーリーグの野球ファンですら
その存在をほとんど知らないという世界大会WBC。
プロスポーツの本場、アメリカでWBCが盛り上がらないのは、
娯楽性と合理性重視の現地野球ファンからすると、
明らかに合理性にかけたトーナメント編成ゆえなのかも。

決戦はアメリカでやるのに、盛り上がってるのは現地から遠い日韓だけなのだろうか?

そして驚いたのは、予選・本選を通じて、日本が韓国に0勝4敗したとしても
日本が優勝できる可能性もあるということ。
う~む。一戦一戦戦う意味をどこに見出して戦ってるのだ、両国は?
選手だって短期間に同じ相手と4回もまみえたら、いい加減倦怠感を感じるだろう。

消化試合シーズンの視聴率補てん目的のセ・パプレーオフはもう止めにして、
9月に日本シリーズ、
10月に日韓優勝チーム決戦シリーズ、
11月にWBC本戦を東京ドームで開催
という合理的な日程になればいいのに。

もしくは、毎週末は日韓戦にしてしまえば、
ナショナリズムに火がついて視聴率もあがるんと違うか?

年々せこくなるプロ野球をみていると、
熱い時代を知る元野球少年としては非常にさむい気持ちになるのよね。

皮肉の一つもいいたくなる日韓倦怠戦。

|

« プロ野球版・男の星座 清原和博 「男道」 | トップページ | ハゲタカ 新聞業界編  『ザ メディア 新聞社買収』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/28549373

この記事へのトラックバック一覧です: WBCはなぜアメリカで盛り上がらないのか 日韓倦怠戦考:

« プロ野球版・男の星座 清原和博 「男道」 | トップページ | ハゲタカ 新聞業界編  『ザ メディア 新聞社買収』 »