« 出版業界人必読の 活字メディア未来地図レポート | トップページ | 神保町BookSalon連載企画初の書籍化決定 »

ゆるい希望のメディア

池田信夫さんのブログエントリーがまた盛り上がっている様子。

希望を捨てる勇気というエントリーにて若者の今について池田さんはこう書いている。

----------------------------------------------------------------

残念ながら、若者にはその力はない。かつてのマルクス主義のような、彼らを駆り立てる「大きな物語」が失われてしまったからだ。こうして実社会の共同体から排除された若者は、仮想空間で共同体を築く。「2ちゃんねる」に見られるのは、似たもの同士で集まり、異質なものを「村八分」で排除することに快楽を見出す、ほとんどステレオタイプなまでに古い日本人の姿だ。世界のどこにも見られない、この巨大な負のエネルギーの中には、実社会で闘うことをあきらめた若者の姿がみえる。

----------------------------------------------------------------

先ゆき暗い経済状況と強固なレガシースステムのせいで、
希望格差と世代間格差が広がりつつある社会の中、
諦めてしまっているかのように思える若者は確かに多い。

しばらく使ってないけど、2ちゃんについての指摘も当たらずとも遠からずか。

いつにもまして熱心なユーザーコメントの一つ一つを読むと、
共感できたりなるほどねと勉強になったり。
確かに、理不尽な世代間格差は少なからぬ若者から希望を奪っているに違いない。

しかし、果たして若者は希望を持たずに生きていけるものなのだろうか?

悲観論や厳しい状況はリアルとネットにあふれているけれど、
ポジティブな情報もまたけっこうあったりする。

団塊以上の爺世代は若者は本を読まなくなって馬鹿になったというけれど、
『神保町ブックサロン』で連載をお願いしてる永江朗さんもよく語っているように、
世論調査でも昔より今の若者のほうがはるかに本を読んでいるのも事実。

本というものは、ネガティブなものもあればポジティブなものもあるけれど、
総体的に考えるとポジティブな方向に若者を向かわせるメディアだと思う。

本を読んでも利口になったり金持ちになったりするわけではない。

しかし、他者の経験・勇気や成功・失敗を糧に
なんとなく前向きになってしまうこともあるのではないかなと。

理想論ではなくて単純に、本を作ったりそれを伝えたりという作業は
なんらかのポジティブなエネルギーなくしてはできないもの。
本を読むという行為はなんとなくその影響を受けざるをえない行為でもある。

神保町ブックサロン』は、本の匠の方々による普通にポジティブな情報の力を借りて、
過剰なネガティブ論に流されないほどほどに楽観的な空間でありたいと思う。

そう。名作ネバーエンディングストーリーにおける、ファンタージェーンのような空間。

確固たる立派な希望がなくとも、ふつうの等身大の己のままでよし。
なんとなく空想しているなかでふと軽くチャレンジしてみればいつかはかなうこともある。

いつの世も若者ってそんないい加減かつ身軽な存在じゃないのかなと。

|

« 出版業界人必読の 活字メディア未来地図レポート | トップページ | 神保町BookSalon連載企画初の書籍化決定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68110/29214759

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるい希望のメディア:

» ヘミシンク [ヘミシンク]
ヘミシンクの情報満載です。 ヘミシンクのことを知りたい人は是非どうぞ。 [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 02時33分

» 渡辺千賀「海外で勉強して働こう」&池田信夫「希望を捨てる勇気」 [ゆぐどらしる えくすぷれす Ver.2]
シリコンバレーでコンサルティング会社を立ち上げて技術関連事業での日米企業間アライアンスと先端技術に関する戦略立案を行う事業を展開されている渡辺千賀さんという方がいて、彼... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 22時24分

» 渡辺千賀「海外で勉強して働こう」&池田信夫「希望を捨てる勇気」 [ボヘミアンな京都住まい]
シリコンバレーでコンサルティング会社を立ち上げて技術関連事業での日米企業間アライアンスと先端技術に関する戦略立案を行う事業を展開されている渡辺千賀さんという方がいて、彼女のブログ『On Off and Beyond』[http://www.chikawatanabe.com/blog/]はしとらすも時々目を通しているのですが、4月27日付のエントリーがネット界隈で大きな反響を呼んでいるようですね。 →2009/04/27 「海外で勉強して働こう」  (上記エントリーのフォローアップとして、2009... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 22時27分

« 出版業界人必読の 活字メディア未来地図レポート | トップページ | 神保町BookSalon連載企画初の書籍化決定 »