マチャアキは今年も本気 and  俺はまだ本気出してないだけ 

あけましておめでとうございます。

とは言ったものの、今年は新年早々躓き気味。
朝、お雑煮を食べたら1個目で差し歯が抜け、
娘と公園に凧上げしに行ったら、
開始わずか1分足らずで凧が木に引っ掛かって秒殺。

帰りにギャグ漫画を買って読んだらこれがかなりイタい内容。

俺はまだ本気出してないだけ』 /青野 春秋

31hau6g2cul__sl160_

主人公はやや小太りメガネの中年・シズオ。
娘がいるのに、自分探しのために会社を退職。
思いつきで漫画家を目指す40歳のオヤジ。

デビューが決まるまで気の向いたときだけ漫画を描きつつ、
ファストフードのバイトで食いつなぐ日々。
気持ちだけは若いけど、バイト仲間にはからかい半分で「店長」と呼ばれ、
合コンの相手にはキモイと思われ・・・・。

自己認識と他人評価のギャップの大きさに、
鏡を改めてじっと見てもう自分が若くないことに愕然とするシズオ。

自己評価が高い割に上手くいかない己の「残念な人生」を

俺はまだ本気出してないだけだから

言い訳しつづけるうちに40歳になってしまった元若者の物語

う~む。なんというさぶい漫画なのだろう。
しかし、等身大の共感を誘われてしまうのがふしぎ。
胸がキューンとくるね。
自分の中の「本気」を出しきれていない世の多くのオヤジたちの
一見、タフなハートに隠された心の琴線にふれる作品。

今年は、失敗してもせめて言い訳をしないような1年にしよう、と思わせられた。

しかし、今年の隠し芸もマチャアキの本気ぶりが相変わらずすごい。
子供のころからなんとなく毎年のように観てる。
演者は毎年変わるのに、マチャアキ1人のチャレンジで成立してるようなこの番組。
日本の正月はやはりマチャアキだなぁと。

しかし、誰もがマチャアキのように毎年本気で生きれるわけではない。

欲を言えば、シズオとマチャアキの中間ともいえる、相棒の井上順もほしいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンボールはなぜそんな映画になってしまうのか

ハリウッド映画、ドラゴンボールの予告編をはじめて観た。

う~む。短い予告編なのでなんともいえんけどあまりの出来栄え。
こうした変化もいわゆるローカライズだというのだろうか?

韓国実写版より格段にハイクオリティなのは間違いないが、コメントは差し控えたい。

北斗やシティー・ハンターといい、今回のドラゴンボールといい
小さい頃にハリウッド映画化(スピルバーグ印映画全盛時代ね)を夢見た
ジャンプ黄金期の思い出のまんがはどうしてこんな映像にされてしまうのか。

そんな素朴な質問に対する答えも、現在制作中の電子書籍『まんが王国の興亡
にぜひ盛り込みたいところ。

ごっつい交渉上手なあちらのエンタメ・ロイヤー(弁護士)や金融の専門家のせいだけではないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まんが王国の興亡 なぜ大手まんが誌は休刊し続けるのか

連載中のコラム『まんがの「しくみ」』の電子書籍版
『まんが王国の興亡 ―なぜ大手まんが誌は休刊し続けるのか―』
の発売日が2008年12月26日に決定!

漫画大目録サイトにも発売記念著者インタビューをアップ。

2004年に出版された、中野晴行さんの名著『マンガ産業論』
の最新版入門書とでもいうべき内容。

今回の電子書籍化にあたり、連載中の人気エントリーを
・まんが誌黎明期の60年代
・爛熟期の70~80年代
・出版バブル崩壊後の90年代以降
の3つの時代に分けて再構成。

コラムの掲載スペースやタイミングの関係で連載時には詳しく記載できなかった、
まんが業界の裏話やよもやま話、市場動向や将来展望を中心に大幅に加筆修正し、
新たなエピソードや国内外の最新市場データも収録。

まんがの今はもちろん、
夏目房之介さんのブログ夏目房之介の「で?」でも紹介されていた
劇画の辰巳ヨシヒロやコミケの歴史など
まんが史を語るうえで欠かせない昭和まんが風雲録的エピソードも時系列にそって掲載。

ワンコイン500円(税抜)で
まんが界の謎と未来が丸わかりできるお買い得なまんが学入門編です。

東京都が作成した「アニメの教科書」が1万円以上するのに比べると、
価格破壊ともいえる「まんがの教科書」です。

個人的には、
少年ジャンプ黄金期にジャンプやマガジン、サンデーを読んで育った人、
コンテンツビジネスに興味のある学生さんやビジネスマンに
ぜひ読んでもらいたい
1冊。

■CM動画

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

まんが王国の興亡 ~なぜ大手まんが誌は休刊し続けるのか~ by ebiさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫画サイトのCM

簡単に動画CMが無料で作れるサイトを発見。

これからは本や漫画のCMをネットで流す時代かな?

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

とびっきりの1冊に出会える電子書籍目録サイト 大目録.com by ebiさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水木先生 名誉市民へ

実家の調布市の母から、
水木しげる先生が調布市として2人目の名誉市民になりそう、との電話をもらった。 う~む、ついに来たか。すばらしい。

昨秋の鬼太郎イベント準備の際には、
調布市は水木先生へのレスペクトが足りないよ!
とさんざん怒って市役所の担当部署にプレッシャーをかけてしまった。。
われながら、身勝手な鬼太郎ロビーストだったなあれはw

今思うと、現住民でもないよそものに脅しをかけられた市の担当者くんたちも、各方面との板ばさみにあってけっこうつらい思いをしていたことだろう。
その後、なんらかの働きかけをしてくれたのだろうか。
そうだとしたらありがとう。

いずれにしても、鬼太郎Yearの2008年はいろんなことがあってめでたい限り。

前作に比べてちょっとダークな雰囲気になった劇場版鬼太郎2の公開も順調だそうな。
予告編はこちら

御大の名誉市民と墓場鬼太郎DVD化も記念して
WEBキャンペーンも準備中だす。

■鬼太郎読者専用WEBサイトゲゲゲのうぇぶ茶屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双子のオヤジ

ちょっと早いけど
寒くなってきたということで
忘年会シーズン到来。

今年、メディアの活動でお世話になった
しりあがり寿さんと渋谷で飲んだ。

クリエイターでありプランナーでもあり
学校の先生でもあるしりあがりさんのお話は
刺激的でとても面白い飲みでした。

しかし、しりあがりさんが描いた
名作(迷作)『双子のオヤジ』の誕生秘話には笑った。

なんで、ふたごをテーマにした哲学マンガを描いたんですか?
と聞いたら、

「おやじの顔を沢山描くのは面倒なので、
登場人物を双子のおやじ2人だけにすれば楽だと思ったんですよね」

というナイスな回答。

世にも希なふたごマンガが生まれた理由は
とてもゆるいものだったことが判明。
乾杯!

双子のオヤジ

レビュー:
双子の子供が親父の皮を被って、世の中の不思議を哲学する物語。

遠い遠い山の奥で暮らす、兄か弟か自分か相手かなんだかあいまいでよくわからない双子のクリスタルな毎日を描いた作品。

感想:
テーマが興味深い。
ゆるいのか、深いのか
それは読者それぞれの判断だろう。

おすすめポイント:
双子業界人必読の1冊。

双子のオヤジ

著者:しりあがり 寿

双子のオヤジ

双子のオヤジを応援したいひとはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲ対談

たった数分だったけど
「生ける至宝」水木しげる先生との
新春ビッグ対談を開催。

さすが漫画界の最後の巨匠。
音もなくひゅ~とあらわれるやいなや
そのオーラというか霊気にすっかりあてられてしまい
思わず緊張。

じっと無言で見つめられた瞬間、
あっちの世界にひきずりこまれそうだった。
小学生のとき以来のファンとしては引きずり込まれて本望だけど。

勝手に構想中の夢のプロジェクト、
深大寺「ゲゲゲの杜美術館」(仮称)の話をすることなどぜんぜんできなかった。

先生、拙者は未熟者ゆえ完敗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)